So-net無料ブログ作成
検索選択

美味しそうな肉とカベルネ / Broman Cabernet Sauvgnon Reserve 2001 [still wine]

IMGP1130.JPG

    美味しそうなビーフを頂いたので、家で焼いて喰うふことにしました。



IMGP1131.JPG

    私は、どっちかというと赤身好きなのですが、たまには、こういうサシ入りまくり♪
    もイイものですね~

やっぱ、この肉に合わせるのは、透き通らないようなカベルネでありましょうか。
それも、最初からドーンと来るカリフォルニアが良さそうです♪

続きも見てね♪


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンマテオで檜風呂 / Aubry Nombre dOr Campanae Veteres Vites '00 [bubbly]

(サンマテオ旅行記を再び始めるのであります)


さて、サンマテオ宿泊中は、毎日、kobaさま宅で出向いてお風呂に入っていたのでした♪
宿泊先にもバスタブのあるバスルームはあるのですが、快適さが100倍以上違うので!


IMGP0064.JPG

    今回も、とっても美味しい泡を飲みました。



IMGP0063.JPG

    評価★★★★☆
    オブリは、以前にも紹介しましたが、
    フランスでも絶滅しつつある稀少な品種の葡萄を使ってシャンパーニュを造る…
    すなわち、シャルドネ、ピノ・ノワール、ムニエ以外でも法律で認められている
    葡萄があるわけですね。
    まぁ、細かいこと書くと、このボトルは、シャルドネ10%、ピノ・ノアール20%、
    ピノ・ムニエ8%、アルバンヌ種15%、プティメリエ種20%、フロモントー種24%、
    アンフュメ種1%、ピノ・ブラン種2%
    …とのことですよ。

    とはいえ、これは物珍しさ故のキワモノ・シャンパーニュではありません!
    なんというか不思議な感じ。
    どれにも似ていないのだけど、やっぱシャンパーニュだな~という…
    なんか意味不明な感想なのですが、美味しいことに変わりありませんね~
    素敵な泡に出会えました♪



IMGP0066.JPG

    こんな感じで、裸の男が二人グラスを重ねるのです。



IMGP0069.JPG

    とにかくデカい風呂っす。
    お子様ですと溺れてしまうかもしれない深さです。



IMGP0070.JPG

    

続きも見てね♪


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

八丁堀マル / Bar Maru Tokyo [fine dining]

最近、仕事で築地に行くことが多いので、よく訪れるBarが八丁堀のMARUです。

NEC_0578.JPG

    スペイン・バルを謳っています。
    3階建てなのですが、いつも超満員です。
    私は、1階の立ち飲みスペースで飲むことが多いです。
    ここは酒屋さんが経営しているので、隣の酒屋でワインを買って持ち込めます♪
    

続きも見てね♪


nice!(1)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

渋谷BED / Shibuya BED Bar and Dining [fine dining]

以前、龍圓をご一緒したTさまに、素敵なお店を教えて頂きました♪


今まで2回、訪れました~
一回目は、Tさまに全てご馳走になってしまい、恐縮&感謝しきりでございます。

BEDという渋谷にあるお店です。
新宿同様、渋谷ってあまり訪れない地域なのですが、ここは通いたくなるお店であります♪


IMGP1141.JPG

    先ずは、グラスで泡を頂きました~
    ここ、グラスの泡もこだわっていますね!



IMGP0308.JPG

    ドゥーツでございます。
    大好きな泡のひとつ。
    これがハウス泡ってのは素晴らしいです。



IMGP1138.JPG

    店内は落ち着いた雰囲気で、カウンターのみです。



IMGP1137.JPG

    もちろん、barなので、様々なお酒が豊富です。



IMGP0320.JPG

IMGP0311.JPG

    このお店は、「お酒担当」と「料理担当」のお二人が、仕切っていらっしゃいます。
    料理に合わせたお酒が出てきたり、お酒に合わせた料理が出てきたり…自由自在♪
    料理は、黒板にその日の素材が書いてあって、調理法とか聞きながら…
    もしくはリクエストしながら、注文するのであります。




ちょっと食べた料理を、いくつか紹介しますね♪

続きも見てね♪


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

歌舞伎町 アルディート / Shinjuku Ardito [fine dining]

歌舞伎町というか新宿って、まず飲みに行かない場所なのですが、最近、友人にイイお店を教えて頂いたので、突撃することが多いのです。

NEC_0633.JPG

    アルディートというバーです。
    歌舞伎町・風林会館の近くにあります。
    地下だし、小さいお店なので、普通は気付かないでしょうね(笑)。


ここは、カッコいい二人のオーナー兄さん達が切り盛りされているお店なのですが、なんか落ち着くのです。
けっして静かな環境ではないのですが、なんか落ち着くお店です。


…で、ここオーナーの一人が、イタリアン料理人でもあったので、ツマミというか料理が美味しい

NEC_0634.JPG

    名物の「トマト・ラーメン」です♪
    チーズとトマトの絶妙なラーメンです。
    これが、またキャンティ系のサンジョベーゼに合うのですよ♪



32594960_29.jpg

    最後に御飯入れたり…という禁断の食べ方もできますよ。



32594960_135.jpg

    バーニャ・カウダのディップも美味しいです♪


近々、また訪れたいと思います。
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

サンマテオと小動物とお寺 / San Mateo Buddhist Temple [trip]

翌朝も早起きして、朝御飯食べて、ちょいと散歩に出てみましたよ。

IMGP0043.JPG

    公園の方まで歩くと、こんな日本風な門が現れました。



IMGP0044.JPG

    庭園のようですね。
    まだ、開園時間ではないので、入れませんでした。


IMGP0053.JPG

    ちゃんと看板も出ていました。



IMGP0054.JPG

    なんか、こういうの気になるんですよ、わたし。



IMGP0045.JPG

    公園にはこんな小動物がたくさんです♪



IMGP0047.JPG

    齧歯目なリスでございます。



IMGP0049.JPG

    可愛いですね~
    リスって食用対象だったんですって!!
アメリカ合衆国のいくつかの地域では、近年までリスの肉は食肉として捉えられ、好まれていた。非常に多くのレシピにリスの肉の調理について記されていることがその証拠となる。アメリカ合衆国の主婦Irma S. Rombauerが1930年代に著した有名な料理本「The Joy of Cooking」の最初の版においてもリスの肉の調理法が記されていた。レシピによるとリスの肉はウサギの肉や鶏肉よりも柔らかいものの、それらの代わりとして利用できる。リスの肉には野生動物の肉らしい臭みはわずかしかない。 アメリカ合衆国の多くの地域、特にアメリカ合衆国南部では現在でもリスは食用として狩猟の対象となる。」

    Wikiより


続きも見てね♪


nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。